pessim

Ramza

 

 

01. ORCA

02. lee rise

03. Blue Deer

04. CHE

05. INABA-NAGARA

06. 39-14

07. KILLER OF SHEEP

08. dead_

09. MIGRATORY

10. SUBURBAN MOTEL

11. COOT

 

 

℗ & © 2017 AUN MUTE

ALL TRACKS PRODUCED BY RAMZA

MASTERED BY STEFAN BETKE (SCAPE MASTERING)

TRACK 7 KILLER OF SHEEP : RAP BY ATOSONE

ARTWORK BY RAMZA

DESIGN BY RISA OGAWA

FORMAT : CD / DIGITAL

CATALOGUE NUMBER : AUN 010

RELEASED DATE : 26 APRIL 2017

 

It’s already been 2 years since his self-made album “Dusty,” was produced with Handmade Collared Jacket that sold out immediately.

Ramza is a collage artist in Nagoya and offers his beats to hip-hop rappers like C.O.S.A. × Kid Fresino and Campanella and so on.

He has finally completed his new album.

Having hip hop at its core, beat evolutionis, extending like an ameba as it absorbs different kind of music, is engraved here. 

Neither ARCA, Flying Lotus, Sun Ra. Compareing someone is meaningless.

Certainly there are influences of this age and its synchonicity, and roots.

It can be also used as a selling clip to pleasure the listener.

This is Ramza’s documentary, capturing emotions of gratitude and despair.

It’s catastrophic yet gentle.

There is no contradiction.

Words can’t describe the sound so please listen for yourselves and share with your friends.

Play this cool music in your house or car or blast it through the huge stereo system.

 “Real” sound will pound the body and mind from inside out as if pulsing through the body.

Share the emotions.

With love and despair.

 

 

即完売したハンドメイドコラージュジャケットの自主製作アルバム「Dusty」から早2年。

C.O.S.A. × Kid Fresino、Campanellaなど、ラッパーへのビート提供も行いながら、コラージュ作家としても活動する名古屋の最重要ビートメーカー、Ramzaのアルバムが遂に完成した。

ヒップホップをコアに持ち、様々な音楽を吸収しアメーバのように拡張したビートの進化論がここに刻まれている。

ARCA、Flying Lotus、Sun Raでもない。

誰かと対比させたりするのはここでは無意味だ。

確かに時代や共時性、ルーツはあるかもしれないし、リスナーの好みを煽るための売り文句として使うこともできるけど。

これはRamzaのドキュメンタリーであり、音楽への感謝と絶望だ。

破滅的で優しい音楽。

矛盾はしていない。

さあもう文字なんか追わずに早く聴いて友達とその友達に広めてくれよ。

最高にクールな音楽を家や車やデカいシステムでかけるんだ。

“本物”の音は脈打つように内から外から心身を鼓動させるはずだ。

感動を分かち合おう。

愛と絶望を込めて。

 空間までも濃密に感じるビート集。
 ヤバかったです。

 tofubeats 

新しいサウンドに出会った時の感動を、このアルバムには確かに感じました。
 丁寧に構築された美しい残響が、静謐に響く作品です。

 Fumitake Tamura (Bun) 

 何度かそれを経験したことがあるんだけど、
 電子、静寂、騒音、断片を研ぎ澄ませば 
 時間と空間そのものを支配する場合がある。

 !!!!!!!!!!!!!!!!!!!! CAREFUL !!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

 ♪これはソウルミュージックこれは劇薬これは特効薬 

 美学と儚さを併せ持った言葉、HIPHOP、JAZZとBLUES、面影。
 埃っぽいジェラルドは悲観するだろうな。

 CE$ 

 (she luv it / Royalty Club) 

空が落ちて地面から色のついた雨が降った瞬間 俺はようやくPESSIMに熟れた。

 生ろうとしたわけじゃないそもそもそのものだったのだ。

 不成にいること、そのこと自体が過ちだったのだ。

 ATOSONE 

 (RCSRECS / S.M.S.C. / Royalty Club) 

5/3 (WED) MDM  NAGOYA CLUB JB'S
5/(TUE) BUGPARTY  OSAKA CLUB STOMP
6/2 (FRI) ON AND OFF  GIFU CLUB BLOCK
7/8 (SAT) PESSIM TOUR  TOKYO WWW LOUNGE

PESSIM TOUR

RAMZA PESSIM RELEASE TOUR 2017
7/28 (FRI) BORDER LINE  FUKUOKA KIETH FLACK

© 2019 AUN Mute